電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

久喜市にて陶器瓦の釘抜けを補修しました

公開日:2020年3月15日

本日は見落としがちな屋根瓦の釘抜けについてご紹介します。早めの対策で雨水の浸入を防ぐことができ、お家寿命が変わります!

施工前の状態です

写真のように釘が浮いてきてしまっています。釘の部分から雨水が浸入し屋根の下地にまで水が及ぶと土台を腐敗させてしまう恐れがあり大変危険です。

どんな方法で補修するの?

シーリング材と呼ばれる接着剤のようなものを使用します。硬化したときに材質と密着するという特徴があります。

 

シーリング材を釘の浮いてきてしまったところに充填していきます。

シーリング材が密着し、釘の部分からの雨水の浸入を防いでくれます!

釘が浮いてしまっている箇所を見落としがないように補修していきます!!
今回は大事に至る前に補修することができたので体と同じように早め早めの
対策が必要になってきます。

屋根の上はなかなか気になっていてもなかなか自分でチェックすることが出来ませんよね。
そんな時はお家の健康診断としてアイスムの無料点検をご活用下さい!!

関連記事