電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

メインビジュアル メインビジュアル

塗装だけじゃない
樹脂サイディングのススメ

壁の上にサイディング材を被せるカバー工法

サイディングとは?

サイディングとは外壁材の一種です。セメント質を繊維質を主な原料としており、建物の形状に合わせて貼り付けて利用します。

一昔前まではモルタルが主流でしたが、ヒビが入りやすく施工時間がかかるなどの問題がありました。それに対して、サイディングは施工時間が短く、軽量で耐久性もよく、日にも強いです。サイディングは大きく分けて「窯業系サイディング」、「金属系サイディング」、「木質サイディング」、そして「樹脂サイディング」の4種類があります。

  • 窯業系
    サイディング

    日本国内では70%をシェア。デザイン・価格帯の幅が広く、防火性、工期が短いなどの面で優れている。

  • 金属系
    サイディング

    銅板やガルバリウム鋼板鉄板等を使った金属製仕上げの サイディング材。断熱性・防火性に優れている。

  • 木質系
    サイディング

    天然の木材を加工した素材で、断熱性、保温性に優れている。 塗装により耐久性を高めるのが一般的。

  • 樹脂
    サイディング

    アメリカの住宅で一般的に使われている。 耐久年数が長く、軽量で水・塩害にも強く、防火性もある。

カバー工法とは?

カバー工法とは、既存のモルタル壁やサイディング壁に同縁と呼ばれる下地材を打ち、別の外壁材張りつける工法のことを言います。
痛みのある外壁でも新築同様の美観にできたり、耐震性向上、断熱や遮音効果を期待できたり、さらには工事期間も短く、住みながらの施工が可能といったような特徴があります。

樹脂サイディング

~こんな方にオススメです~

・10年ごとに塗り替えはできない ・とにかく1回で長持ちさせたい

・少しでも断熱を高めたい ・おもいっきりイメージを変えたい

・10年ごとに塗り替えはできない 

・とにかく1回で長持ちさせたい

・少しでも断熱を高めたい

・おもいっきりイメージを変えたい

樹脂サイディングとは?

「樹脂サイディング」とは、日本国内においてはシェア率1%と、未だ浸透していない新しい素材であると言えます。
「樹脂サイディング」は1965年にアメリカで誕生した外壁材で、1990年代に北米において広く普及し、現在もアメリカ国内においてのシェア率は50%以上を誇っています。
主原料は天然塩60%石油40%からなる塩化ビニル樹脂です。塩化ビニル樹脂自体が燃えにくく長寿命であるという特徴があります。
サイディング自体に着色のための顔料が予め練り込んであるため退色・変色しにくいのも特徴であると言えます。

オススメするには理由がある
樹脂サイディング
7つのメリット

  • 01.耐久年数の長さが最大の特徴

    一般的な窯業系サイディングの寿命が7~8年であるのに対して、樹脂サイディングの耐久年数は30年を超えるものもあり、寿命の長さはサイディングの中では断トツと言えます。

  • 02.軽量素材で建物への負担が少ない

    主原料が塩化ビニル樹脂であることから、重量が非常に軽いという特徴があります。一般的な窯業系サイディングと比較するとその重さは10分の1ほどになり、建物への負荷も最小限となると同時に地震に対しても強い外壁材です。

  • 03.変色・退色しにくく美観も長持ち

    樹脂サイディングの特徴の一つでもある顔料の練り込みによって、塗装の着色に比べると経年による変色や退色が現れにくくなっています。なので、美観を長く保つことができます!

  • 04.水や凍害に強く劣化・腐食しない

    塩化ビニル樹脂の「撥水性」が最大のメリットをもたらし、吸水性がほとんど無いため水分を含むことによる劣化・腐食が起こることがありません。そのため、寒冷地における凍害とも無縁の外壁材であると言えます。

  • 05.塩害に強いから海の近くも安心

    沿岸部の地域では塩害により外壁が錆びてしまうことが多々ありますが、樹脂サイディングは塩分の影響を受けることはないため錆につながることはありません。海に近い地域でも安心の外壁材です。

  • 06.高い防火性能だから火にも強い

    主原料がプラスチックの仲間であることから燃えやすい印象を持たれがちですが、塩化ビニル樹脂の自己着火温度は木材などの200℃~250℃に対して450℃と非常に高いため、実際には燃えにくい素材であると言えます。
    そのため外壁材としては非常に高い防火性能を持っています。

  • 07.シーリングが不要で目地の補修いらず

    オープンジョイント工法という工法で施工するため、他のサイディングでは必須のシーリングが不要となります。そのため、目地の補修というメンテナンス自体が不必要になります。

まずはご自宅の状態を把握して
最適な外壁材を見つけましょう。

電話番号ボタン お問い合わせボタン