電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

メインビジュアル メインビジュアル

見た目の劣化

色あせや塗膜の剥離

コケやカビが発生

白い粉が手に付く

色あせ

色あせ

外壁材の色あせです。
ツヤが引け、発色が白っぽくぼやけていきます。
南面だけ、バルコニーだけ、といった日当たりで色あせが起こるので、日常的には気づきづらい劣化となります。

色ムラ

色ムラ

色あせが複数個所で起こると、色がまだらになり、ムラがあるように見えます。
ここまで劣化が進行すると、通りすがりの一般の方でも見た目が気になる方が多いようです。

チョーキング現象

チョーキング現象

外壁に触れると手が白くなる場合は防水性がきれているサインです。
チョーキング現象と言い、防水性がなくなると、発生します。外壁が水を吸い込みやすい状態になっており、ひび割れ・塗膜の剥離などに繋がります。

クリア塗装 or 塗装

修繕方法

色あせや色ムラは、程度によって修繕方法が異なります。
初期:色あせ色ムラであれば、クリア塗装を行うことで色味が濃くなるので、元のお色を復活させることができます。
激しい色あせや色ムラ:クリア塗料の美しさを発揮しづらくなるため、通常の外壁塗装の方がオススメです。
さらに劣化が進行:下塗り材の量を増やしたり、種類を変更する必要もあります。

クリア塗装 or 塗装

コケ・カビ

コケ・カビ

周辺に湿気が多かったり、塗装の撥水性能も低下している場合は、コケやカビが発生します。
コケは見た目に清潔感がなく、さらに他の劣化要因にもなります。

ブラッシングや塗装

修繕方法

コケやカビは、初期段階であれば軽いブラッシングで落とすことができます。
ただし、硬いブラシや力任せにこすってしまうと、外壁が傷ついてしまうので注意してください。
高圧洗浄も効果的ですが、威力を間違えると外壁材を削ってしまうこともあるため、個人での作業はオススメしていません。
また、コケやカビは一度落としても、外壁状況と周辺環境に応じてすぐに再発してしまうことも特徴として挙げられますので、最終的には屋根外壁塗装工事で撥水性ある防水塗膜を復活させることが重要です。

ブラッシングや塗装

木部の塗装が剥がれ

木部の塗装が剥がれ

木部の塗装がパリパリと剥がれている場合、塗膜が劣化しているか、木材が劣化しているかで補修方法が変わってきます。

ブラッシングや塗装

修繕方法

塗膜の場合は古い塗膜を削ってから再塗装することが一般的ですが、木材から劣化している場合は、再度塗っても同様に木材からめくれてしまうことも多くなります。
その場合は木材の交換を行ったり、板金を巻いて補修すると効果的です。

見た目の劣化は、今すぐに腐食や雨漏りを発生させる可能性は低いですが、次の劣化の入り口でもあります。
傷みが進めば、追加工事が必要になったり、仕上がりに影響が出ることもあります。
でも、実は見た目の劣化は「屋根外壁塗装工事だけで」新築のように美しくなる、状態とも言えます。

お家をキレイに保ちたい方は、見た目の劣化に気が付いた時点での外壁塗装がオススメです。

具体的に見た目の劣化が発生しているのか分からないという方は、
「屋根外壁インスペクション」「簡単セルフチェックシート」をご覧ください。

電話番号ボタン お問い合わせボタン

あなたのお家はどれに当てはまる?

その他の症状を見る