電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

着工前・工事中の心配事

公開日:

昔のイメージがありますが怖いイメージはありません。現場アシスタントの女性も指示を出したりしていますのでご安心ください。

建物形や大きさ、その日の施工内容に準じて変化してまいります。一般的には1?3名ほどですが、人数が多いほどロスにつながる可能性がありますので、1~2名とお考え下さい。

交通状況によりますが、8:00~9:00の間になるのが一般的です。地域によってスクールゾーンや清掃車の回収などで現場ごとに調整することもあります。

外部の高所作業ですので一定時間の休憩は必要ですが、昔からの職人さんのように10:00と15:00の休憩とは限りません。お気持ちで出していただける分については嬉しいですが、基本的にはお茶のご準備は不要です。

外部の高所作業ですので一定時間の休憩は必要ですが、昔からの職人さんのように10:00と15:00の休憩とは限りません。お気持ちで出していただける分については嬉しいですが、基本的にはお茶のご準備は不要です。

親方によってはたばこを吸う方もいますが、i-sumu塗装ではたばこを吸う場所は自分の車内や公共施設としております。お客様の敷地内で吸う事はありませんのでご安心ください。

屋根外壁の塗装工事は、足場を利用した外部の工事となりますので、基本的にはお家に入らずに施工が出来ますから室内に入ることはありません。

施工上どうしても必要な場合のみ、お家に上がらせていただくこともございますが、そのような場合は事前にご相談させていただいております。

はい、弊社の職人は一定の基準をクリアした者のみが施工を行いますが、もし職人の変更をご希望の場合は、出来る限り柔軟に対応させていただきます。

弊社の施工では、職方は水筒持参でトイレは昼食時のコンビニなどですませておりますので、お気遣い頂かなくて大丈夫でございます。

ご安心ください(^^)

作業開始時にインターホンでご挨拶を行う事が基本ですが、夜勤のお客様など様々ですので、挨拶不要というご指示があれば、その様に施工を進めております。

また、連絡方法は口頭だけではなく、今はLINEやメールも活用しておりますので、お客さまのご希望のコミュニケーション方法を相談しましょう。

足場が設置されていて、家の中からの作業が無いものについては、日中留守でも現場は進行します。

最近は、ダブルエンジンと言って共働きの方や、ご趣味で多忙な方も多いと思います。お留守でもしっかりした工事を行っておりますのでご安心してご依頼ください。

標準サービスとしては、現場日記という報告書や、現場管理担当者からのメールや電話での報告。その他、遠隔見守りカメラを使用し、施工状況をチェックできるサービスも行わせて頂いております。

アイスム塗装では、ご依頼いただけるお客様皆様に、ご安心して頂ける体制を整えております。

はい、大丈夫です。お留守でもしっかり塗装を行い、当日の作業報告は工事日報という交換日記を使用し、ご報告させて頂いております。

塗装工事では、足場が必要です。駐車場スペースの大きさにより異なりますが、足場が接近することやおくことができない場合などございますので別途ご相談となります。

はい、駐車場は月極であったり、金額上限設定のあるパーキングを活用したりもしております。ご安心ください。

物置の大きさや敷地の広さによりますが、小さなものであれば、中身を抜いて頂ければ移動する場合もございます。大きな物置などは別途ご相談ください。

カーポートの屋根は、足場の縦軸に絡むケースが多くあり、状況によりパネルの脱着が必要になります。2Fバルコニー屋根の場合、スペースも厳し場合も多く、そのままの状況で塗装するケースは多いです。ご希望と状況によりご相談となります。

外壁塗装だけであったり、屋根も一緒に塗装されたりと工事範囲によって異なります。

足場が掛かっている期間はなるべく短くして差し上げたいのですが、各メーカーの施工基準の基準塗布量や塗料の乾かし時間規定を守って施工を行いますと、外壁塗装だけで約10日前後、屋根塗装を含むと14日間前後かかります。

大切なことは、その後の耐久性になりますので、工事期間はご迷惑をおかけいたしますが、その分しっかり塗装いたしますのでご協力をお願いいたします。

なお、工程表を作成しお渡ししておりますので、工事スケジュールは工程表で確認が可能です。

現場の作業開始時間は、夏冬によっても異なりますが、8:30~17:30を目安に施工を行わせて頂いております。

主に平日の5日~6日間の施工を行わせて頂いております。施工日程については、担当者とご相談の上、工程表に反映させお渡ししております。もし、施工日で不都合などがありましたらお気軽にご相談ください。

塗装工事は、雨の日は作業を行う事は致しません。工程表にも記載されておりますが、天候により工事日程は前後します。雨で作業を中止する場合は、ご希望に合わせて、前日又は当日の朝にお電話を行います。

塗装工事では、守らなければならない事がありまして、やはりそれは塗装品質と思っております。

この塗装品質を高めていく為に必要な事は、決められている使用塗料はきちんと使用し、塗膜厚みを確保する事。

そして、その塗料の性能を最大限発揮させる為の乾かし期間を適切に設けてあげる事の2点です。短縮できる部分は、作業する職人の人数を多く入れ、施工時間の短縮を図る事は可能ですので、現場調査時にその旨をお伝えいただければと思います。

工事期間は塗料の乾燥時間やお家ごとに合わせた施工を考えて設定いたしますので、簡単に縮めることは出来ません。ただ、工程を組み替えたり、人数を確保するなど、開始前の段階であれば多少の配慮は出来るかと思いますので、お気軽にご相談ください。

はい、部分的ですが窓を開けることは可能です。基本的にはサッシ部分はビニル養生をしていくのですが、施工の状況や環境が整っていく中で窓を開閉できる様なサッシも数か所ですが出来るように工夫養生をしております。担当者にお気軽にご相談ください。

アイスム塗装では、塗装工事現場において防犯センサー(人感照明)を無償提供しております。

また、足場シートには、犯罪抑止に効果的な「防犯カメラ設置」シートを掲示しておりますので安全にも意識を高く持っております。

はい、最近増えてきておりまして可能です。足場がある事で、電気配線やつけたい場所への防犯カメラや人感照明センサーを取り付けすることが可能です。お気軽にお申し付けください。

塗装工事の場合、10年前の塗料よりも品質が良くなっておりますので、環境にも住みながらの工事にも対応できるようになっておりますがどうしても匂いが致します。

匂いがする塗料は溶剤系の塗料材で、水性塗料の場合は今はほどんど匂いが気にならなくなっております。

塗装工事の場合、10年前の塗料よりも品質が良くなっておりますので、環境にも住みながらの工事にも対応できるようになっておりますがどうしても匂いが致します。匂いがする塗料は溶剤系の塗料材で、水性塗料の場合は今はほどんど匂いが気にならなくなっております。

はい、お客様の対応には2つの方法があります。私たちが工事前のご近所挨拶を行う際に、私たちの隣にいて頂き、私たちが説明を行いご挨拶を行う方法(お客さまはよろしくお願いします。とお伝えするだけです。粗品は私たちがご用意しております)。

もう一つは、ご近隣挨拶は私たちにお任せいただき、ご挨拶は業者からのみ、という方法と2つの方法がございます。最近はご近所のお付き合いも深くない方も増えておりますので、柔軟に失礼がないような対応をしております。

着工より事前に着工挨拶を行います。また、工事中もご近隣への配慮も合わせて行います。

現場調査の段階で、足場をどのように設置するか専門スタッフが確認を行っております。また、空中越境する場合(お隣の敷地をお借りする場合)は、事前にご挨拶を申し上げておりますので、ご安心ください。

i-sumu塗装では、ご近所様にも喜んで頂ける施工を目指しております。トラブルを防止するためにも、ご近所様へは事前ご挨拶を行い、工事中も配慮させていただきますので、ご安心ください。

また、その際にはi-sumu塗装の連絡先や担当者もお伝えしますので、万が一の場合も、お施主様にご心配をおかけすることのないよう努めさせていただきます。

弊社では、万が一の時のために、最高3億円の工事保険に加入しております。しかし、今までの施工物件で一度も重大事故が発生したことはありませんので、これからも安全第一で施工を行ってまいりたいと思っております。

安全には十分配慮した施工を行いますが、万が一の場合に備え、建設総合保険に加盟しております。

i-sumu塗装では、事故防止で複数の安全対策を講じておりますが、万が一の場合も親方同士やチームでサポートし合える環境を整えております。

はい、可能です。また、使用しなくなったアンテナなども一緒に撤去することが可能ですので、お気軽にご相談ください。

塗装工事を行う場合は、必ず洗浄を行わなければいけません。

埃やコケなどが付着したままでは、どんなに良い塗料を施工しても密着性に支障をきたします。洗浄部位によって、高圧洗浄や低圧洗浄+ブラシを使用し、下地をキレイにしてから塗装をするので、アイスムの塗装は長持ちするのです。


なぜ水洗いが必要なのですか?またアドバイスはしてくれるのでしょうか。

はい、弊社では塗替えシミュレーションを標準サービスとしておりますので、お気軽にお申し付けください。なお、オススメの配色などもご提案しておりますので悩みやすい色決めも楽しく行えます。

申し訳ございません。施工途中でのお色の変更が発生しないように打合せやシミュレーション、仕様決めを丁寧に行わせて頂いております。

どうしても色替えをご希望の場合は、追加費用が発生致しますが対応は可能でございます。

近年の塗料は、塗ってから30~1時間で表面が硬化し、その後雨が降っても影響が出ない商品が増えていますので、簡単に剥離を起こすことは非常に少なくなっています。


ただし、塗った直後に降った大雨や、強風で飛来物が交わるような台風の場合、塗膜に影響が出る可能性があるため、そのような場合は、予報を見て作業を中止するか、翌作業日に確認をさせていただいてからの作業を行わせていただきます。

はい、直接お伝えがしづらい方や、勤務の関係でどうしてもタイミングが合わない方もいらっしゃいますので、弊社では一日の工事内容を記した「交換日記」をご用意させていただき、日記を通じて直接親方とやり取りできるようになっております。

窓も雨戸も閉めておいてください。窓の鍵は閉めておいて欲しいのですが、雨戸は洗浄の際動かしたりするので雨戸の鍵は閉めない様にお願いします!

一概に吹付が良いとは言えません、、施工部位によっても、塗料によっても違うのです。特に吹付の場合は、気を付けて養生をしっかり行って塗布しても飛散する可能性も高くなりますので注意が必要です。その為、現場の状況や下地、施工部位に合わせて弊社では施工しております。

はい、撤去致しません。外壁材の下に防水紙が入っているのですが、窓周りなどサッシのまわりは、カッターを入れてしまうとその奥にある防水紙まで切れてしまう可能性があります。


防水紙は、万が一外壁の中に入ってしまっても、ガードしてくれる最終的なものなので、切れてしまうと雨漏りの危険性が高まります。よって、窓まわりは上から増し打ちをしていくという方法が正しい方法となります。