電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

メインビジュアルの背景 メインビジュアルの背景

断熱性・伸縮性・耐久性が高い!遮熱・断熱塗料 断熱性・伸縮性・耐久性が高い!遮熱・断熱塗料

遮熱・断熱塗料の特徴は?

断熱性・伸縮性・耐久性が
高い塗料

耐久年数12~15

遮熱塗料?断熱塗料?

遮熱・断熱塗料とはどんな塗料?

遮熱塗料と断熱塗料は、このページのように同列に紹介されがちですが、実際には「熱を跳ね返す=遮熱」と「熱を通さない=断熱」という違いがあります。
断熱塗料は、探熱材のように厚みのある塗料で、夏の暑さだけでなく、冬の寒さもシャットアウト。熱も室内に閉じ込めてくれるため、純粋な能力で言えば断熱塗料の方がオススメです。
対して遮熱塗料は、塗料に遮熱効果がプラスされている商品のため、高耐久な塗料も多く存在します。通常の塗料との価格差も大きくないため、ワンランクアップに使いやすい塗料です。

★遮熱・断熱塗料がおすすめの方★

  • 夏や冬を快適に過ごしたい

    熱の侵入を遮る特徴と熱を通さない特徴の2つで
    夏の暑さ、冬の寒さを低減でき、1年と通じて快適に過ごせます。

  • 1度の塗装で綺麗を保ちたい

    耐久性にも優れているので、1度の塗装で綺麗を長く保つことができます。

  • 防音効果を高めたい

    断熱塗料は防音効果もあり、外の音(屋根を打つ雨音など)の侵入や
    室内からの音の漏れを防ぐことができます。

夏の暑さには遮熱塗料

夏の暑さには遮熱塗料が良いでしょう。特に最も熱くなる屋根材に遮熱塗料を塗ることにより、熱い太陽光を反射し表面温度を下げてくれます。
特に金属素材の屋根材は熱伝導が高いため、ご自宅の屋根が金属素材の方におすすめです。
また、遮熱塗料を塗ることでエアコンなどの効きが良くなり電気代節約もできます。

冬の寒さには断熱塗料

一方、冬の寒さ対策には断熱塗料がおすすめです。断熱塗料は熱を通さない塗料なので、外気の冷気や熱を遮り、室内の温度を保ってくれます。さらに遮音や消臭機能などを持った塗料もあります。
外気を遮り、室内の熱を保つという点で、冬のみならず夏も涼しく過ごすことができます。
遮熱塗料同様に電気代節約もできます。

遮熱塗料のデメリット
〈冬には不向き・汚れると効果低減・色が限られている〉

熱を遮る塗料のため、室内の熱を保つ効果はありません。そのため、冬の寒さ対策にはあまり向きません。
また、汚れてしまうとその箇所の遮熱効果が下がってしまうことがあります。
そしてカラーバリエーションが少ないという点もあります。遮熱塗料は特殊な顔料を用いて作られているので、基本的に選べる色はメーカーカタログに掲載されている色から選ぶかたちになります。

断熱塗料のデメリット
〈遮熱塗料より高い・艶や濃い色がない・職人の技術力が必要〉

遮熱塗料より耐久性や性能が高いため、価格が高くなります。ただし、メンテナンスの間隔が長く取れるため、短い塗料よりも長期的に見てお得になることもあります。
次に遮熱塗料同様に色が少なく、特に濃い色が選べないという点があります。また、艶のある仕上りにもできません。
最後に、施工する職人の技術力が必要となります。正しく施工できなかった場合、キレイに仕上がらないこともあるため、実績ある職人に依頼することをおすすめします。

遮熱・断熱塗料に適したお家は?

金属屋根・外壁のお家

金属屋根・外壁のお家

金属素材は熱の影響を受けやすいため、断熱塗料が効果的です。

窓が少ない外壁

窓が少ない外壁

熱の大部分は窓から入り、逃げていきます。
逆に窓が少ないお家は壁の断熱が効果的です。

小屋裏がない外壁

小屋裏がない外壁

小屋裏がないお家は、屋根の熱が直接室内に入ってくるため、屋根の断熱が効果的です。

2・3階が暑くてお困りのお家

2・3階が暑くてお困りのお家

2階3階は太陽光の影響を非常に強く受けるため、効果的に対策できます。

激安遮熱・断熱塗料にはご注意ください!

激安の遮熱・断熱塗料には
ご注意ください!

遮熱・断熱塗料と言っても、
塗って数年で効果がなくなってしまう、
品質の低い塗料も多く見受けられます。
使用塗料に「遮熱・断熱塗料」としか
書かれていない場合は要注意!
メーカー名・商品名・価格が明確になっている
塗料を選び、
必ずカタログをもらいましょう。

その他の塗料を見てみる

シリコン塗料のリンク シリコン塗料のリンク ムキコート塗料のリンク ムキコート塗料のリンク

ずっとキレイな外壁のために

ご自宅の正確な塗装㎡数は知っていますか?

お客様のご希望やご予算、お家の状態に応じて、
塗料100種類以上から多数プランご提案します!

電話番号ボタン お問い合わせボタン