電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

» 屋根工事のきほん

1571984413bLeqU

このページでは「屋根工事のきほん」についてご説明します。はじめに、屋根塗装が必要な理由、次に塗装メンテナンスせずに放っておくとどうなってしまうのか、屋根材のご紹介、最後に屋根工事の紹介、以上の4つの構成になります。ご自宅の屋根のメンテナンスのご参考にしてください。

屋根塗装が必要な理由は?

屋根塗装が必要が理由は、見た目の綺麗さだけではなく、屋根材を保護するという役割があります。塗装することによって屋根材が塗膜で守られます。そのことにより直接、屋根材が強い紫外線や雨、風などから受けるダメージを塗膜が代わりに受け止めてくれます。そうすることによって屋根材自体の劣化を抑制することができ、長く建物を守ることにも繋がります。

塗膜によって屋根材が保護されている

塗膜が劣化し、屋根材が守れていない

ただし、塗膜の効果はずっと続くものではありません。塗料のグレードや屋根材との相性にもよりますが、およそ5年~10年程でその効果がなくなっていきます。

屋根材を守る、家を守る、そのためにも5年~10年に一度の屋根塗装の塗り替えメンテナンスが必要です。

塗膜の効果がなくなったまま放置すると、、、

塗膜の効果がなくなったままの状態でずっと放置してしまうと、先に述べたように外からのダメージを屋根材が直接受けることになり、屋根材の劣化が進行して建物を守ることが難しくなります。さらに屋根材が割れてしまったり、ずれてしまったりして、そこにできた隙間から雨水などが侵入し、雨漏りや内部の建材の腐食やカビの発生などに繋がります。

施工前

こうなってしまうと塗装だけでは対処することができなくなり、屋根全体を取り換える葺き替え工事となってしまいます。葺き替え工事は屋根全体を葺き替えるため、塗装にくらべると、費用がとても高くなります。

 

また、まだ雨漏りなどが発生していない場合は今の屋根材の上から新しい屋根材を被せる「カバー工法」という工事もあります。葺き替え工事よりは価格は抑えられますが、塗装よりは高くなります。

葺き替え工事:以前は瓦屋根だったが、すべて取り換え、金属屋根に葺き替え

カバー工法:既存のスレート屋根の上に新しくガルテクト金属瓦を重ね葺き

以上のことから塗膜の効果がなくなる5年~10年を目安に、まず屋根の状態を確認するために塗装リフォーム専門業者やリフォーム全般をやっている会社、工務店に相談し、調査してもらうと良いです。

 

もちろん、弊社アイスム塗装も屋根の点検・調査をやっております。点検・調査は無料ですので、お気軽にお声掛けください。

たくさん屋根材!その種類と特徴

屋根材と一言で言ってもさまざまな種類があります。昔ながらの瓦屋根や近年主流となっているスレート瓦、メンテンナスの手間が比較的かからないガルバリウム鋼板など、見た目も特徴も異なる屋根材がたくさんあります。今回はその中で主流な4つの屋根材をご紹介します。

01.粘土系

粘土を瓦の形にして焼き上げた瓦です。昔からよく使われている陶器瓦や和瓦と呼ばれるものです。焼きあがて作られるため、耐久性と耐火性にも優れおり、古くから日本家屋の屋根材として使われています。ですが、重量が重く耐震性が低く地震などにより倒壊する可能性が高いといったデメリットがあります。

屋根

■主な特徴

・昔ながらな日本家屋とデザインの相性が良い

・耐久性に優れている

・断熱性や遮音性に優れている

・焼き物なので耐火性にも優れている

 

■デメリット

・重いため耐震性が低い

・施工費用が高い

・強い風などによりずれてしまう

02.スレート系

近年よく使用されている屋根材がスレート瓦です。大きく分けて、化粧スレートと天然スレートの2種類になります。

化粧スレートは、セメント成分に繊維素材を混ぜ薄い板状にした屋根材です。以前まではアスベストを使用した石綿スレートが主流でしがた、アスベスト問題により現在では、コロニアルやカラーベストという化粧スレートが主流になっています。

 

天然スレートとは、天然の岩石を材料とした薄い板状に加工した屋根材で、天然ならではの風合いがあり、独特な美しさが特徴です。ただし、化粧スレートと比べ重量が重たいという点があります。

■主な特徴〈化粧スレート〉

・軽量で耐震性に優れている

・比較的施工費用が安価

・カラーバリエーション豊富

 

■デメリット

・雪や人の重みなどで割れやすい

・表面に水分が溜まりカビが発生しやすい

・塗装が必要なため定期メンテナンスがいる

■主な特徴〈天然スレート〉

・天然石なので、メンテナンスがほぼ不要

・独特な風合い、表情が経年とともに味わいが出る

 

■デメリット

・他の屋根材と比べ価格が高い

・化粧スレートと比べ重量が思い

03.セメント系

セメント系の瓦は、セメントを原料にして作られる屋根材です。粘土系と異なり、焼き上げる製法ではなく化学反応で硬化させるコンクリートのように作られます。不燃材料なので燃えにくく、厚みがあるので、遮音性や断熱性に優れている。しかし、粘土瓦よりは軽量だが、それでも重量が重く耐震性が低い。

■主な特徴

・厚みがあり遮音性、断熱性がある

・不燃材料で燃えにくい

・粘土瓦より安価

 

■デメリット

・重量が重く耐震性が低い

・定期的な塗装が必要

・水を含みやすくカビやコケが発生しやすい

04.金属系

金属系の屋根はアルミニウム、鉄、銅などで作られた屋根材です。特徴は軽量で耐震性に優れている点と防水性が高いという点です。さらにスレート瓦のように平らな形状や瓦屋根のような波のある形状など、デザインの幅も広いです。またメンテンナスにおいても他の屋根材より手間がかからないという特徴もあります。

現在では、ガルバリウム鋼板と呼ばれるアルミニウム、亜鉛を含む銅板がよく使われるようになっています。ガルバリウム鋼板はサビにくく、耐熱性や耐久性に優れており、屋根材以外に外壁や雨樋にも使われています。

■主な金属系屋根材の種類

・ガルバリウム鋼板:近年普及している人気の屋根材

・トタン:安価で施工しやすく倉庫などに使用

・銅板:寺院や神社などで多く使われている

スレート屋根

■主な特徴

・軽量で耐震性に優れている

・デザイン、加工の幅が広い

・耐熱性と防水性に優れている

・他の屋根材と比べ、メンテナンスが掛からない

 

■デメリット

・素材が薄いため、防水性が低い

・サビや傷など、外的要因に弱い

・断熱性が低い

屋根工事の種類

最後に屋根工事の種類をご紹介します。種類は「葺き替え」「カバー工法(重ね葺き)」「塗装」「葺き直し」の4つになります。

01.葺き替え

既存の屋根を全部解体して、下地からやり直す工事です。ひどい雨漏りや老朽化した場合に行う工法になります。

屋根工事の中では価格が高い工事となりますので、劣化や被害が大きくなる前に定期的な点検・調査をおすすめします。

02.カバー工法(重ね葺き)

スレート瓦など既存の平らな形状の屋根材の上に、新しい屋根材を重ねる工法です。葺き替えと異なり、既存屋根を解体したり、処分する費用と手間がかからないため、工事期間を抑えられます。

ただし、あまりに劣化がひどい屋根材には施工できません。価格は葺き替えより安くなります。

03.塗装

化粧スレートや金属屋根に主に行われる工法です。高圧洗浄で汚れやカビ・コケなどをしっかりと落とし、塗装していきます。

塗装する前には「タスペーサー」と呼ばれる、瓦と瓦の間に差し込み、屋根の表面の水はけを良くする器具を使います。縁切りと言い、とても大事な作業です。

瓦を戻す

04.葺き直し

葺き直しは主に瓦屋根のリフォームで行われる工法です。既存の瓦をすべて撤去し、下地の補強、防水紙の敷き直し、必要に応じて野地板の張り増しなどを行い、撤去した屋根瓦を戻していきます。

尚、葺き直しは耐用年数が長い瓦や天然スレートに限られます。

以上が「屋根工事のきほん」になります。この他にも部分補修や屋根材のメーカーや塗料の種類など、多岐に渡ります。私たちアイスム塗装は今回ご紹介した基本的なことから専門的なこと、これまでの経験、知識、流行などに基づき、お客様にとって一番良いご提案を差し上げられるよう常に努めております。

 

屋根の上は普段なかなか見ることができず、とても危険ですので、もし気になることがありましたら、お気軽にお声掛けください。無料で点検・調査を承っていますので、悩む前にお問い合わせください。