電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

浦和区にて【サイディング塗装・スレート瓦塗装】の工事を行いました

公開日:

<施工前>

<施工後>

before after

浦和区にて外壁が退色しており、壁を触ると色粉が手について来たり、シーリング(コーキング)のひび割れや剥がれてしまっていたりと外壁全体的に気になっていたお施主様。失敗したくないとのことで、今回ご相談いただきました。

今回はシーリングを全て撤去していきました。中には上から増し打ちという方法にて施工を行う場合もありますが、基本的にはサイディングの間はすべて交換していきます。元々のシーリングが剥離してしまうと新しく打ったシーリングも剥離してしまい、意味がなくなってしまいます。サッシや窓の周りなどは増し打ちを行います。一時防水である、防水紙を切らないよう上からさらに打っていきます。

屋根塗装の際にはタスペーサーが必要です。

屋根を塗装する際には塗料が隙間にたまらないように隙間を確保する必要があります。そうしないと天井裏に水がまわってしまう可能性もあります。そのため、少しでも可能性を低くするために、タスペーサーというものを隙間に入れてから塗装します。侵入した水の
逃げ道を確保するために行いました。このようなものを使用しながら施工を進めてまいります。

波板からポリカへ変更しました。

バルコニーに設置してあるテラス屋根を波板からポリカへと変更しました。経年劣化により、ぱりぱりとしてしまっており、触るだけで穴が開いてしまいそうでした。ポリカにすることで柔軟性が発揮され、雨が中に入ってくる心配も少なくなりました。バルコニーの防水もきちんと発揮され、水浸しで劣化することも少なくなり、快適に過ごしていただくことができました。

塗料の量や乾燥時間など、正しい施工基準を順守

当たり前のことではありますが、塗料の使用量や乾燥に必要な乾燥時間など、しっかりと基準を守ることが塗装の効果を最大限に発揮する条件です。

 

そのためにも私たちアイスム塗装では、基準を守った正しい施工を行うためにも、工事前の点検を最も大切にしております。始めの段階の現地調査を正確に行うことで、その後のご提案から塗装を行った後の耐久性や塗料の性能まで大きく影響します。

 

まずは、お家の気になるところやお悩み、疑問などございましたら、ご相談ください。調査はいつでも無料ですので、心配ごとを解消するためにもぜひ、ご利用いただければと思います。下記はアイスム塗装の無料点検・調査についてになります。ご興味がありましたら、ご覧いただけたら、幸いです。

関連記事