電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

富士見市にて屋根・外壁塗装!ネイビーとホワイトに品のあるツートンカラー

公開日:2020年3月30日

<施工前>

<施工後>

before after

富士見市にお住いのお施主様はチョーキングを気にされていました。今回目地の補修も行い、強い塗膜になるように塗っていきます。使用する塗料はスーパームキコートです。スーパームキコートは耐久年数なんと20年以上の耐久性の高い塗料なのです。

さっそくシーリングの補修を行います

サイディング外壁には目地といわれる部分があります。

サイディングのボードとボードの間の目地には、シーリング材が充填されていて防水性やクッション性の役割を担っています。

そのシーリング材が劣化していまうと弾力性が失われ常に動いている外壁に追従できなくなります。そうなると亀裂や隙間が空き、雨水の浸入口となってしまうのです。

劣化した目地はしっかりと補修を行い、シーリング本来の役割を果たせるようにしていきます。

 

まずは打ち替えという方法のシーリング補修です。

打ち替えとは既存のシーリング材を抜き、新しいシーリング材を打つ方法です。

シーリング補修

既存のシーリング材を抜く

シーリング補修

プライマーを塗布

シーリング補修

新しいシーリング材を充填

均一にならして完成

もう一つの方法が増し打ちです。

増し打ちは既存のシーリングの上に新しいシーリング材を打つ方法です。

サッシや窓周りは下に防水紙を巻き込んでいて打ち替えを行ってしまうと防水紙を傷つけてしまう恐れがあるので増し打ちで施工します。

シーリング補修

既存のシーリングは抜かない

シーリング補修

プライマー塗布

シーリング補修

新しいシーリング充填

均一にならして完成

続いて屋根の塗装を行っていきます

屋根工事
屋根工事

塗装の前にタスペーサーを差し込みます。

塗装の際に塗料で瓦と瓦の隙間が埋まってしまうのを防ぐためにタスペーサーをいれるのです。

タスペーサーを入れることにより隙間が空き、雨水の排出口を作ります。

屋根塗装
屋根塗装
屋根塗装

下塗り→中塗り→上塗りと塗り重ねていきます。

塗り重ねるときに大切なことはインターバルを守ることです。

インターバルは塗り重ね乾燥時間のこと。インターバルを守ることで余分な水分・油分が蒸発し塗り重ねることで強い塗膜を形成します。

いよいよ外壁の塗装を行っていきます!

塗装
塗装

2階の塗装をおこないます。下塗り→上塗りの2度塗りです。

インターバルと同じように大切なことは基準塗布量を守ることです。

1㎡当たりの使用量がメーカーによって定められていることを基準塗布量といいます。

基準塗布量を守らないと塗膜の厚みが足りず数年で塗膜が剥がれてしまうこともあるのです。

そうならないためにも基準塗布量を守ることが塗料本来の力を発揮させるため大切になります。

塗装
施工中

1階も下塗り→上塗りの2度塗りです。

使用した塗料はスーパームキコートです。

スーパームキコートは無機の耐候性・有機の耐クラック性を兼ね備えたハイブリット塗料。

ですから耐久性が高く、耐用年数なんと20年以上になります。

塗装工事も大詰め!付帯部の塗装です

塗装
塗装

帯は濃い茶色で塗装しました。

帯が入るとお家にメリハリでて引き締まった印象になります。

施工後

施工後

品のあるツートンカラーのお家に仕上がりました。

付帯部を濃い色にしたため、引き締めも効果抜群ですね!

工事をお任せいただき、ありがとうございました。

 

アイスムでは屋根・外壁点検を行っております。

「うちは大丈夫かな?」とご心配になった方、この機会にぜひお申し込みください!

関連記事