電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

さいたま市中央区にて外壁塗装前にシーリングの補修を行っていきます!

公開日:2020年7月30日

<施工前>

<施工後>

before after

施工前のシーリングの劣化症状です

シーリングから釘が打ってある部分にわたり、亀裂が入っています。
この亀裂から雨水が侵入した恐れがあります。
お家全体の影響につながる前に補修することが大切です。

シーリングの打ち替えの方法をご紹介します

シーリングの打ち替えとは既存のシーリングを抜いて、新しいシーリング材を充填することです。
まず始めに養生をして、目地以外にシーリング材が使いないようにしていきます。

既存のシーリング材をカッター等で抜いたら、プライマーと呼ばれる接着剤のようなものを塗ります。
プライマーはシーリング材を下地に密着させるために必要不可欠の工程です。

新しいシーリング材を充填し、均一にならして完成です。
乾いたら硬化し、クッション性や防水性の機能を持ったシーリング材本来の力を発揮します!

もう一つのシーリング補修方法の増し打ちを行います

玄関ドアやサッシ周りのシーリングは増し打ちという方法で補修します。
増し打ちは既存のシーリングをそのままにして、新しいシーリング材をうつ方法。


増し打ちをする理由は玄関ドアやサッシ周りも防水紙を下に巻き込んでいるためです。


防水紙を下に巻き込んでいる箇所で打ち替えを行うと、既存のシーリングを抜く時のカッター等で防水紙を傷つけ、雨水の侵入を許してしまうリスクが高くなってしまいます。

施工前

施工後

シーリングは輪ゴムと同じ成分の可塑剤が含まれてます。
輪ゴムは紫外線に当てると可塑剤が溶けだし、弾力性がなくなる。

 

そして最終的には切れてしまいます。

皆さんも輪ゴムの劣化を体験したことがあるのではないでしょうか?


シーリングも同じで紫外線により、弾力性がなくなりいずれは亀裂が入ってしまいます。
シーリングの亀裂を放っておくと基礎に雨水が入りこみ、腐らせてしまうこともあるので定期的にメンテナンスを行いましょう。


「うちは大丈夫かな?」と心配になった方、お気軽にお問合せください!

関連記事