電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

埼玉県川口市にてカラーシミュレーションでこだわり配色

公開日:2020年3月30日

<施工前>

<施工後>

before after

川口市にお住いのお施主様。3階建てのサイディング材を外壁に使用したお家です。点検にお伺いした際、雨が降ると1階の洋室のシャッターを閉めていても内側に雨水が侵入してくるとご相談をいただきました。外壁塗装と合わせてお悩みも解決していきます。

外壁のヒビとシーリング補修を行っていきます

シーリング補修
シーリング補修
シーリング補修

外壁のシーリング材が劣化したことにより、抜け落ちてしまっている部分や釘まわりなどに大きな破損が見受けられました。

破断したサイディングはいつ落下をしてもおかしくない、大変危険な状態でした。

シーリングを充填し、しっかりと補修いたしました!お施主様も一安心なご様子(^^♪

シーリング補修
シーリング補修
シーリング補修

サイディングの目地のシーリングが劣化すると雨水の浸入口となり、下の基礎を腐らせる可能性があります。

補修を行いひび割れが起きないように防水性を高めます!

既存のシーリング材を抜いて新しいシーリング材を打つ、打ち替えという方法を行いました!

シーリング補修
シーリング補修
シーリング補修

サッシ周りや窓周りは、増し打ちという既存のシーリングの上に新しいシーリング材を打つ方法で行います。

サッシ周りなどは下に防水紙を巻き込んでいる施工です。そのため打ち替えで補修すると防水紙を傷つけてしまう恐れがあるため、増し打ちで行っていきます。

洗浄をしっかり行い、いよいよ塗装になります!

塗装
塗装

一色目の塗装です。

下地処理をきちんと行ったので塗料の密着感も変わります!

下塗り→上塗りの2回塗りで完成です!

塗り重ねるときに大切なのはインターバル(塗り重ね乾燥時間)を守ることです。

塗料は乾燥時余分な水分・油分を蒸発させます。そのためインターバルを守り塗り重ねることで塗料本来の力を発揮できます。

塗装
塗装

下塗り→上塗りとインターバルを守り塗り重ねます。

インターバルと同じように大切なことは基準塗布量を守ることです。

基準塗布量は1㎡当たりの使用量のことです。

基準塗布量を守らないと塗膜の厚みが足りず、塗料本来の力を発揮できないため、きちんと守って塗装していきます!

付帯部の塗装です!

塗装
塗装
塗装
塗装

付帯部はまずケレンを行います。ケレンは細かい傷をつけて塗料のくいつきを良くする作業です。

ケレン→下塗り→ケレン→上塗りときちんと工程を踏むことが塗装の持ちを良くするコツなのですね!

カラーシミュレーションでこだわりのお色と色分け

今回、2色での色分けをご希望されていたお施主様。

色の組み合わせも迷いましたが、特に力を入れていたのが色分け箇所。

新築時の図面をコピーし、ご家族でイメージを何パターンか作成していらっしゃいました。

弊社でもカラーシミュレーションを作成し、全体のバランスをみてアドバイスさせて頂き、今回の仕上がりとなりました。

色分け箇所については、現場においても親方とご主人さまとの間でコミュニケーションを密にとらせていただきました。共同作業の上での仕上がりに、とってもご満足いただく事ができました!!

特にこだわられていたのがこちらの面!お打合せが終わった後も家族会議をして下さり 「こういう色分けもできますか?」とご連絡頂きました。

カラーシミュレーションにて確認して頂き、結果素敵な仕上がりになりました。お忙しい中、ありがとうございました!!

関連記事