電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

越谷市にて屋根・外壁塗装!クリア塗装で既存の柄を活かした塗装です☆

公開日:2020年8月3日

<施工前>

<施工後>

before after

越谷市にお住いのお施主様は外壁のクラックや、屋根の退色を気にされていました。既存の素敵な柄を活かすためにクリア塗装を選択。お施主様の気になられていた箇所もしかり補修し塗装していきます!

まず初めに屋根の塗装を行っていきます。

塗装を行う前に棟板金にケレンを行います。
板金加工してある箇所なのでツルツルしていて塗料の密着がよくありません。
ケレンは細かい傷をつけて塗料の食いつきを良くする作業です。
このひと手間が塗装の持ちを良くします!

塗装を行う前に棟板金にケレンを行います。
板金加工してある箇所なのでツルツルしていて塗料の密着がよくありません。
ケレンは細かい傷をつけて塗料の食いつきを良くする作業です。
このひと手間が塗装の持ちを良くします!

外壁のシーリング補修です!

サイディングのボードとボードの間には適度な隙間があります。
この隙間が目地と呼ばれる部分で、目地の防水とクッション性を兼ね備えているのがシーリングです。
シーリングは紫外線により劣化してしまいます。シーリングの劣化した上から塗装してしまうと塗装の持ちも悪くなり塗膜の剥がれも早くなってしまうのです。
塗装前の下地処理のひとつとしてシーリング補修もしっかりと行っていきます!

まずはシーリングの打ち替えから!

既存のシーリングをカッター等で抜きます。

プライマーと呼ばれる接着剤のようなものを塗布します。

新しいシーリング材を充填。均一にならします。

施工後

シーリングの打ち替えとは既存のシーリング材を抜いて新しいシーリング材を充填する補修方法です。

続いてはシーリングの増し打ちです。

既存のシーリング材の上にプライマーを塗布します

新しいシーリング材を充填

均一にならす

施工後

シーリングの増し打ちは既存のシーリング材の上に新しいシーリング材を充填する補修方法です。玄関周りやサッシ周りは下に防水紙を巻き込んでいるため、打ち替えの方法を採用すると既存のシーリングを抜く時のカッターなどで傷つけてしまう恐れがあります。
なので防水紙を巻き込んでいる個所は既存のシーリング材を抜かない増し打ちで行います。

外壁はクリア塗装を行います!

クリア塗装は2回塗りです!
はじめは白っぽいのですが乾くと透明になります。
クリア塗装は元のサイディングの柄を活かせるのでお勧めです!
しかし劣化具合によりクリアで塗装できない場合もあるので、塗装前の調査でできるかどうか確認することが大切です!

付帯部の塗装です!

付帯部の木部や鉄部はケレンを行ってからの塗装になります!
ケレンは旧塗膜を剥がし、塗装面を整える役割もあります。
塗料を2回重ねて完成です!

お施主様が喜んで下さったポイントの1つが、雨樋の塗り分け!
外壁に面している部分はブラウンに、屋根に面している部分はグリーンへと塗り分けました

屋根・外壁塗装完了!施工後のお写真です。

印象を大きく変えたのではなく、そのままの素材を活かし色を明るくした素敵な塗装工事になりました!
屋根のお色も目立ち、お洒落な雰囲気です!
インターバル・基準塗布量を守りしっかりと塗装したので耐久性にも期待ができます。
お施主様も一安心なご様子(^^♪

お施主様、ご近隣にお住いの皆様、工事中たくさんのご協力ありがとうございました!
アイスムではお家の診断を行っています。
「劣化が気になる方」「塗装時期の方」お気軽にお申し込みください!

関連記事