電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

越谷市にて屋根・外壁塗装を行いました。

公開日:2020年8月2日

<施工前>

<施工後>

before after

越谷市にて屋根・外壁塗装!塗分けでお洒落な外壁に大変身です。目地のシーリングが劣化していたので新しいシーリングを充填していきます。

高圧洗浄を行っていきます。

高圧洗浄を行っていきます。
頑固な汚れカビやコケなどを強い水圧でみるみるうちに洗い流します!
この工程がとっても大切。汚れを落とし切らないで塗装してしまうと塗膜の食いつきが悪く、数年で塗膜がはがれてしまうなど塗装の持ちがよくないのです。
しっかりと洗浄し、塗膜の密着を良くしていきますよ!!!

続いて屋根の塗装です!

タスペーサーを瓦と瓦に差し込みます。
塗装工事の時に塗料で瓦と瓦の間が埋まってしまうと雨水の排出口がなくなり雨漏りの可能性が高くなってしまうのです。

下塗り→中塗り→上塗りと塗り重ねていきます。
屋根は直接紫外線や雨や風などの影響を受けるので劣化も早くいのです。
定期的なメンテナンスで屋根の劣化状況を把握することが大切になります。

外壁のシーリング補修を行います!

サイディング外壁には目地といわれる部分があります。
サイディングのボードとボードの間の目地にはシーリング材が充填されていて防水性やクッション性の役割を担っています。
そのシーリング材が劣化していまうと弾力性が失われ常に動いている外壁に追従できなくなります。そうすると亀裂や隙間が空き雨水の浸入口となってしまうのです。


しっかりと補修を行い、シーリング本来の役割を果たせるようにしていきます。
まずは打ち替えという方法のシーリング補修です。
打ち替えとは既存のシーリング材を抜き、新しいシーリング材を打つ方法です。

もう一つの方法が増し打ちです。
増し打ちは既存のシーリングの上に新しいシーリング材を打つ方法です。
サッシや窓周りは下に防水紙を巻き込んでいて打ち替えを行ってしまうと防水紙を傷つけてしまう恐れがあるので増し打ちで施工します。

外壁の塗装を行います!

下塗り→上塗りと2回塗り重ねます。
塗料を塗り重ねるときに大切なことは塗り重ね乾燥時間を守ることです。


塗り重ね乾燥時間はインターバルといい、インターバルを置いているときに塗料は余分な水分や油分を蒸発させます。
インターバルを守り塗り重ねることで塗料本来の力を発揮することができます。

塗装工事もいよいよ大詰め!付帯部塗装です。

付帯部はまずケレンを行います。
ケレンとは細かい傷をつけ塗料の食いつきを良くしたり、旧塗膜や汚れを落とすなど下地を整える役割です。
ケレンをしっかりと行ったら塗料を重ねます。
付帯部は黒に決定しました!

施工後

施工後のお写真です。
全体的にお色も濃くはっきりとした印象になりました。付帯部の黒で引き締め効果抜群です!
塗分けもオシャレで色の組み合わせで温かい雰囲気です。工事をお任せいただきありがとうございました。

アイスム塗装では屋根・外壁点検を行っております。
屋根や外壁は現状を知ることで早めに補修することができます。
自覚症状がある方、不安な点がある方病気と一緒で早期発見が大切です。この機会にぜひお申し込みください!

関連記事