電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

上尾市にてクリア塗装で新築の輝きを!

公開日:2020年6月20日

<施工前>

<施工後>

before after

追加高圧洗浄を行います!

高圧洗浄は塗装面のカビや苔、汚れを落とすことが目的です!
日差しがあまり当たらない北側は特にカビや苔などが生えやすい箇所になっているので
念入りに落としていきます。
カビや苔などの汚れを落とすことで塗料の食いつきが良くなります!
汚れを落とさすに塗料を塗ってしまうと数年で塗膜が剥がれてしまうなどのトラブルが起こる可能性があるのでしっかりとした下地処理が必要です!

シーリングの補修です!

サイディングとサイディングの間の目地にはシーリング材が使われています。
このシーリングが劣化するとやせ細り亀裂が入ったり、隙間が空いて来たりします。
シーリングの劣化部分から雨水が浸入し、基礎の木材を腐敗させる恐れがあるので塗装前に補修を行います!

施工前

既存のシーリング材を抜き、プライマーを塗布します

新しいシーリング材を打ちます。

均一にならして完成です。

シーリング材を抜いていきます。この方法は打ち替えといい、既存シーリング抜いてから新しくシーリング材を打っていく方です。
プライマーと呼ばれる接着材のようなものを塗っていきます。
プライマーの量は必要以上に節約などして少なくしてしまうとシーリング材が早くやせ細り劣化してしまうので注意が必要です!

防水紙を巻き込んである部分は増し打ちという方法で補修します。
増し打ちは既存のシーリング材に重ねて新しいシーリング材を打つ方法です!
そのあとは打ち替えと同じ方法です!

今回使用したシーリングのお色はNライチホワイトです!
シーリングにもお色があり、外壁や目地に合ったお色を選ぶことができます!

屋根の塗装を行います!

屋根塗装の際に塗料で瓦と瓦の間が埋まってしまう事があります。
瓦と瓦の隙間が埋まってしまうと雨水の排出ができず、瓦の中に雨水がとどまってしまい
瓦が変色したり、中の木材を腐敗させてしまう恐れがあります。
そうならないためにタスペーサーで縁切り作業を行います。
以前は瓦にカッターを入れ縁切りをしていましたが、最近ではタスペーサーが主流になっています!

屋根の頂上部分の板金の接合部に隙間が空いていたのでシーリングで補修しました!
このような隙間からも雨水は浸入するので注意が必要です!

板金を止めている釘も浮いて来たところが雨漏りに原因になってくるのでシーリングで止めて事前に対策をとります。

瓦のひびもありましたのでこちらもシーリング材で補修していきます。

今回移用する塗料はスーパームキコートルーフで、お色はGN-25です。
まず始めにプライマーを塗り下地を整え、中塗り→上塗りと塗り重ねます!
スーパームキコートルーフは高耐久性で、ほとんど無機で作られている為燃えにくく、難燃性に優れています。
インターバルと呼ばれる塗り重ね乾燥時間を守ることで塗料本来の耐久性を発揮することができるのです!インターバルもしっかり守り塗装しているのでご安心ください!

外壁の塗装を行っていきます!

スーパームキコートクリヤープライマー

スーパームキコートクリヤー

今回はレンガ調模様を活かしたクリア塗装!
外壁材の柄や多彩模様を残したい方はクリア塗装がお勧めです。
まずはプライマーを塗っていきます!
下地を整えることで塗料の食いつきも良くすることができ、耐久性も変わってくるのです。
上塗りでスーパームキコートクリヤーを塗っていきます!
スーパームキコートクリヤーは耐クラック性が高く、弱溶剤+水性タイプなので匂いも少なく、私たちの体にも環境にも優しい塗料なのです!

塗装工事もいよいよ大詰め!

鉄部はケレンを行ってから塗装をします。
ケレンとは細かい傷をつけ塗料の食いつきをよくする作業です。
また、旧塗膜の浮いている部分を剥がし、上から塗料を重ねたときに新しい塗膜が早く剥がれないようにすることにも繋がります!

付帯部は屋根と同じ落ち着いたお色でお家全体の引き締った印象にしています。

軒天は白いお色にして外壁との相性もよく素敵な仕上がりです。

施工後

施工後のお写真です!!
クリヤー塗装を行ったことでお色のトーンが明るくなり、付帯部ともマッチしていてとても美しい仕上がりです!
お施主様ありがとうございました!!

アイスムではお家の調査を行いお家にあった工事をご提案しております!
まずは無料診断お申し込みください!

関連記事