電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

さいたま市見沼区にて屋根の重ね葺き【スレート瓦→アスファルトシングル】を行いました!!

公開日:2020年7月11日

<施工前>

<施工後>

before after

パミールのスレート瓦を屋根葺き替えのカバー工法で修繕!

こちらは施工前の屋根の状態です。
屋根の状況や周辺環境から、屋根の上に登ることが危険と判断し、全体が写る専用器具で安全に調査を行いました。

ここまで接写で鮮明に状況が分かります。
どうやらこちらはパミールというスレート瓦。塗り重ねは基本的に難しい瓦です。

既存のスレート瓦は既に経年劣化により大きく破損しています。
雨水が裏面に達してしまう恐れがあるので、屋根材の上に新しい屋根材を重ねる、カバー工法や重ね葺きといわれる施工方法で修繕していきます!

スレート瓦の上に防水紙を敷きこむ。解体しないのがカバー工法。

まず始めに既存の瓦の上に防水紙を貼っていきます。防水紙はルーフィングとも呼ばれ、下の木材まで雨水が浸入しないように守ってくれる役割です!!
今回はスレート瓦の上に重ねることで、2重の防水となりますから、より安心です。

アスファルトシングルを使用してモダンな雰囲気に

防水紙の上にアスファルトシングルという屋根材を重ねていきます。
アスファルトシングルの特徴を分かりやすくお伝えすると、防水紙の表面に石粒を吹き付けた素材で、海外では一般的な屋根材なんです。
見た目もモダンな雰囲気に仕上げてくれます◎

屋根の頂上(芯木)も木材を交換して施工致しました!!

屋根の頂上には芯木と呼ばれる下地の木材があります。
棟板金という金属で頂上を塞ぐために必要なもので、やはりお家のは様々な部分で木材が使われているのです。
だからこそ、お家の防水は大切!ということですね^^

スレート瓦→アスファルトシングルのカバー工法が仕上がりました!
下に瓦があったとは思えないですよね?

アスファルトシングルは、石粒が特徴の海外で多く使われている屋根材です。
見た目の通りとっても軽いので、カバー工法でお家の重さが気になる方にもオススメですよ!
 
屋根はお家にとって、最初の防水というとても重要な役割を担っています。
アイスム塗装では、屋根や外壁をしっかりと事前に調査し、お客様やお家にあった施工方法をご提案しております。
「お隣様や飛び込み業者に屋根を指摘された」「自分のお家の屋根はどうだろう」と気になられた方、お気軽にご相談下さい!!

関連記事