電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

プレミアムシリコンのメリット・デメリットを解説!耐用年数15年の最新ラジカル塗料とは

公開日:2020年3月19日

プレミアムシリコンは最近流行りのラジカル塗料の一種。どんな特徴があるのか、メリット・デメリットを解説いたします。ラジカル塗料はコストパフォーマンスに優れた塗料なので、塗料に迷ったら一見の価値あり!

プレミアムシリコンってどんな塗料?メリットをご紹介!

プレミアムシリコンとは、エスケー化研が開発した水性1液型のラジカルシリコン塗料を指しています。

 

近年非常に人気を上げていますが、そのメリットとしてまず第一に挙げられることは、長い耐用年数です。

 

一般的なシリコン塗料の場合の耐用年数は10年から12年ほどといわれていますが、プレミアムシリコンの場合には耐久性が約15年となっています。

 

価格も一般的なシリコン塗料の平均とそれほど変わりもないので、コストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

 

価格の秘密は、1液塗料であること。

一般的にも1液塗料は安価な塗料が多く、その反面耐久性が乏しい特徴があります。

しかし、プレミアムシリコンは1液型塗料の安さと、同時に高耐久性を兼ね備えた、優れた塗料なのです。

 

同じ水性1液塗料なのに、プレミアムシリコンなぜこんなにも強いのかというと、最新技術のトリプルガードで塗料の劣化を防いでいるからです。

 

外壁塗装は日々紫外線や雨水の影響を大きく受けています。これらの刺激を受けることで、少しずつ劣化が進んでいくのです。

外壁の劣化を促進する原因がラジカルと呼ばれる劣化因子ですが、この劣化因子を三つの構造でシャットアウトするのが、最新のラジカル塗料「プレミアムシリコン」なのです。

 

塗装の表面は二層で劣化因子をガードし、さらには特殊なハイブリッドシリコン樹脂によって、劣化因子が増加するのを防ぎます(ラジカル抑制制御)。

同時に汚れやカビがつきにくいという特徴もあります。塗装された表面が丈夫な被膜でおおわれることで、汚れのつきにくい外壁となるのです。

雨水による汚れはもちろんのこと、排気ガスによる油性の汚れ、カビや藻の発生なども防ぐ効果が期待できます。

 

そして塗りやすく作業効率が良いこともメリットの一つと言えるでしょう。適度な粘性があり、施工面でも塗りやすいとして知られています。通常の水性塗料よりも塗膜の隠ぺい性が高いことから、誰が塗っても塗りやすいとも言われています。

施工後の色むらが気になるという場合には、とくに適した塗料の一つと言えます。

 

またツヤがあって仕上がりがきれいなこともメリットとなります。プレミアムシリコンの大きな特徴の一つがツヤの輝きです。通常のツヤのあるタイプの塗料と比べた場合にもそのツヤ感は一目瞭然であり、日光が当たると美しく輝くほどの仕上がりです。

高級感や明るさに重きを置きたいと考える場合には、ツヤありタイプのものを選ぶとよいでしょう。

プレミアムシリコンのデメリットはあるの?

反対にデメリットとしてあげられることは、まだ実績が少ないということです。

2014年に発売が開始されたばかりであることから、この塗料を使って外壁塗装を行った家が15年以上経過した例が今までにないのです。

 

メーカーでは試験データをもとにして耐用年数を発表していることから、過剰に報告されていることもありません。しかし実際に塗装した結果の絶対数が少ないという心配点があります。

 

また、プレミアムシリコンは、ベースはシリコン塗料なので、最新鋭のムキ塗料や、高価なフッ素塗料に対しては、耐用年数はどうしても劣ってしまいます。

 

プレミアムシリコンってどんな塗料?まとめ

プレミアムシリコンは2014年に誕生したばかりの塗料です。

実績が少ないというデメリットはありますが、コストパフォーマンスにも非常に優れていて、初心者からベテランまで、幅広く使うことができる塗料です。

 

低価格だけれども美しさが長持ちする塗料を選びたい、扱いやすく施工性の良い塗料が欲しい、ツヤがあって美しい外壁にしたいという人には、特におすすめと言えます。

 

プレミアムシリコンを外壁塗装に使用すれば、塗装の耐用年数も長く、仕上がりの美しさも期待できることでしょう。コストパフォーマンスに優れた塗料としては最適な商品と言えます。

 

このようなメリットから、プレミアムシリコンは現在もますます注目が集まっている塗料となっているのです。

 

ご自宅の外壁塗装をプレミアムシリコンでご検討の方は、私たちi-sumu塗装にご相談ください。最新塗料だからこそ、その性能を発揮させる正しい塗装を致します。

お問い合わせより、ご質問も現場調査・見積もりも歓迎いたします。お気軽にお問い合わせください。

関連記事