電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

塗料のツヤあり・ツヤなしはどう違う?ツヤあり・ツヤなし徹底比較

公開日:2020年3月24日

外壁塗装の塗料選びの際に、ツヤあり・ツヤなしという言葉をよく聞きませんか?今回塗料はツヤあり・ツヤなしはどのような違いがあるのか。ツヤあり・ツヤなしどちらがいいのか徹底解説していきます。

 

塗料にはツヤあり・ツヤなしがあり、どちらを選ぶかで塗装後の見た目が変わります。

ツヤありは光沢があるもの、艶なしは光沢が少ないもの。ツヤなしはツヤ消し・マットなどとも呼ばれます。

ツヤありなのかツヤなしなのか明確な決まりはありませんが、ツヤにも落ち着いたもの光沢が少ないものや光沢がなく見えるもの、艶の中にも差があります。

ツヤありにすると新築のような輝きがあり、ツヤなしにすると光沢がすくない落ち着いた印象になります。

 

基本的には光の反射の多いものと少ないもの中にさらに段階があります。

ツヤあり

7分艶

5分艶

3分艶

艶消し

と5段階に分けられます。

また、塗装業界においてはおおよその基準があるのです。

塗装業界の光沢度を基準にツヤあり、なしを分けています。

光沢度は平面に60度の角度から光を当てた光を100%し、反対側に跳ね返ってきた光を測定した光を何%か測定したものです。

光沢度が70%以上が艶あり、60%前後7分艶、35%前後5分艶(半艶)、15前後3分艶、5以下艶消し(艶なし・マット)と表現されています。

塗料によってツヤあり・なしが決まっている

外壁のツヤの差は親方の腕で決まるのではなく、塗料によって最初からツヤあり、ツヤなしが決まっています。

ツヤありなら7分・5分・3分とそろっているもの、そろっていない物、ツヤなしのみのものがあります。

ツヤ消しのみの塗料はツヤありが用意されていないことが多くあります。

塗料を決める段階である程度色と一緒にツヤあり・なしを担当者さんに伝えておくとスムースに工事を行えるでしょう。

 

ツヤあり・なしメリット・デメリット比較

ツヤありメリット

 

●汚れが付きにくく耐候性や耐久性が高い

ツヤありの塗料は小さな凹凸がないので汚れが付きにくくいのです。

塗料に添加剤が入っていないので、塗料本来の持つ性能をそのまま発揮できます。そのため耐候性に優れ耐久性の高い塗膜になります。

 

●ツヤツヤとした新築のような仕上がり

ツヤがあることによって新築のような仕上がりになります。キラキラと光に反射する光沢がある仕上がりが好きな方にはお勧めです。

 

ツヤありデメリット

●経年劣化でツヤが消えていく

塗り立ての艶は光沢があり、美しいですが年数がたつにつれて輝きが消えてしまいます。

塗膜は紫外線などの影響を受け、劣化し艶が徐々に失われてしまうのです。

●光沢がありすぎる

光沢がありすぎると、色と組み合わさりさらに眩しくなってしまう事があります。

眩しすぎると安っぽく見えてしまう可能性があるので艶が気になる方は7分や5分とツヤを抑える方法もあります。

ツヤなしメリット

●オシャレで高級感のある印象

ツヤなしはマットとも呼ばれ、質感がオシャレな印象です。

ツヤありと比べ、自然な印象になり、高級感のある落ち着いた雰囲気にすることができます。

更に徐々にツヤがなくなるなら、3分艶で絶妙な光沢を楽しみ、いずれは光沢が消えうるという調整することもできます。

 

●経年劣化によってツヤの度合いが変化しない

ツヤありのように数年でツヤがなくなることはありません。

もともとツヤがないので、ツヤの度合いに変化がなく、長期間塗り立てを楽しむことができます。

ツヤなしデメリット

●耐候性や耐久性が低い

ツヤなしは調整剤を使用しツヤありのツヤをなくしていくので、塗料本来の耐候性・耐久性が発揮できないのです。

具体的にツヤあり・なしでどれほどの耐候性に差が出るのかというと…

明確な定義はありませんが、一般的に7分艶は艶ありの耐候性の7割

しかし元々がツヤなしの塗料でしたら耐候性に優れているものも最近では開発されています。

●汚れやすい

小さな凹凸があるので埃などの汚れが付きやすくなっています。

また白などは汚れも目立ちやすく、頻繁に掃除する必要があります。

ツヤあり・ツヤなしを決めるポイント

☆色見本は実際に外で見てみよう

色見本は小さいと面積効果があり、実際外壁に塗った時に印象が変わってしまいます。

小さなサンプルで選んだ色は大きなサンプルで見せてもらうといいでしょう。

また大きなサンプルは太陽の下で見るとイメージが付きやすくなります。

艶は太陽光に反射してきらきらと輝きます。室内で見ると艶があまり見えなくても太陽の下で見るとこんなに光沢があるイメージにするはずじゃなかったのにという事もあるのです。

そして可能であれば晴天の日と曇りの日どちらも確認できるのが理想的です。

色選びと同じで場所によって色味や光沢の印象が変わるので慎重に選んでいきましょう。

塗料のツヤあり・なしどっちがいいの?まとめ

外壁のツヤあり・ツヤなしはお家を守る塗装工事において機能面でも大きな役割を担っています。

機能面で見るならツヤありをおすすめしますが、機能面だけで選んでしまうと毎日目にするものなので後悔する結果になってしまう事も…

色やツヤは好みで決め、さらに機能面と広く見ることが成功するカギになるでしょう。

ツヤありでは高機能なものが多く数年でツヤがなくなることも考え決めてください!

ツヤなしはもともとツヤなしの塗料を選んで、機能性も高いものを選ぶことをお勧めします。


関連記事