電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

安すぎる見積り!信じていいの?気を付けるポイントは?

公開日:

塗装工事の見積もりを3社から取ってみたところ、1社だけ圧倒的に安くて、反対に心配になってしまった。そんなお話しをご相談を受けたことがあります。今回は安すぎる見積りの気を付けるポイントをご紹介します。安いのはとても嬉しいことですが、安すぎると不安になりますよね。こちらの記事で少しでもそんな方の不安の解消にお役立ちできたらと思います。

塗料にはたくさんの種類・グレードがあります。グレードが高ければ耐久年数が長くなったり、色あせにくくかったりと色々な効果があり、価格も高くなります。ですが、中には実際の工事では見積りで提示した塗料より低い塗料で施工する業者がいます。このように材料費を実際の見積りより抑えて、利益を多くとろうとするケースがあります。

 

さらに、たとえ見積書と同じ塗料だとしても、実際は基準よりも塗料を薄めて塗装する場合があります。なぜなら、塗料はそのままでなく、水や溶媒などで薄めて使用します。基準より薄めることで、必要な塗料の使用量を減らし、その分利益を取ろうとすることがります。

 

こういった場合は、未然に防ぐのはとても難しいです。ですので、他に見積りを取っている業者などに見積書の塗料のグレードと相場を聞いてみたり、必要な塗料の缶数を確認してみること良いです。もちろん、弊社でもいつでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

工事工程を短くするケース

塗装工事は足場仮設や職人、担当者など数人の人が関わりながら工事を進めていきます。工事費用の多くを締めるのはこのような関わる人の人件費になります。

 

塗料には塗装したあと、乾燥させるための乾燥時間が定められています。この乾燥時期を無理に短縮すると塗料の性能が発揮しきれず、想定より早い段階で劣化し始めることになります。

 

ですが、人件費を抑えようと、必要な乾燥時間を無理に短縮して、工期を短くする業者がいます。

注意するポイントとしては、見積書と合わせて工事工程表も確認しましょう。

 

他社よりもあまりに工期が短い場合は要注意です!塗装工事では3度塗りと呼ばれる下塗り・中塗り・上塗りの3度塗り重ねることが一般的です。(ただし、建物の外壁の種類や状態によっては2度の場合もあります。)工事工程表と照らし合わせながら、塗る回数も確認すると良いです。

足場代が安すぎる

足場代の相場は約30坪の一般戸建てでおよそ20万円前後となります。見積書でこの相場よりも、あまりに安い金額であった場合は注意が必要です。足場は塗装工事を行う上でとても大切なものです。職人さんが工事に集中できるよう、安全を第一に仮設されます。

 

万が一、この足場が通常よりも簡略され仮設されてしまったら、職人さんにもお施主様にも大きな事故に繋がる危険性があります。

 

もし、見積りの時に、足場代が相場よりも安かった場合は、しっかりとその理由を確かめましょう。

安すぎる業者に騙されないために

塗装工事はとても大きな金額がかかります。できるだけ安く収めたいですよね。

ですが、上記の通り安すぎる業者には要注意です。満足いく工事にならない可能性が高いですので、気になる点や疑問、不安がある場合は決して契約しないようにしましょう!

 

そのためにも最低3社から見積書をとることをおすすめします。事前のお家の劣化状態の調査から調査の報告内容、見積書の分かりやすさ、工期の確認しましょう。

 

これらに注意しながら、上記のポイントを抑えつつ良い業者を見極めましょう。

ただし、そうは言っても心配、不安という方は、いつでもご連絡ください。見積書の見方やチャックポイント、業者選びで気を付ける点などをご説明します。

 

なお、私たちアイスム塗装も現地調査からお見積り、施工までワンスストップで行っておりますので、他社との比較も含め、お見積りのご依頼も承っております。

 

詳しい見積書の見方と相場についてはこちらの記事をご覧ください。

【2020年】外壁塗装の相場が知りたい!費用相場と見積書の見方と注意点を習得!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事