電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

富士見市にて屋根・外壁塗装!帯の劣化もパテ処理でキレイに仕上がりました!

公開日:

<施工前>

<施工後>

before after

シーリングの補修をしていきます!

サイディングは目地にシーリング材が充填してあります。
シーリング材は紫外線によって劣化し、亀裂や隙間が入ってしまいます。
亀裂や隙間は雨水の侵入口となり中の基礎を腐らせてしまう恐れがあります。
そうなる前にしっかりとシーリング材の補修が大切です。

シーリングの補修の方法は二つあり、打ち替えと増し打ちで行います。
打ち替えとは既存のシーリング材を抜いて新しいシーリング材を打つ方法です。

こちらは増し打ちです。
増し打ちは既存のシーリング材の上に新しいシーリング材を打つ方法です。
サッシ周りや玄関周りは下に防水紙があるためカッター等を入れると切ってしまう恐れがあり、打ち替えができないのです!

帯の劣化もしっかりと修繕します!

帯は劣化していて、表面がはがれてしまっている箇所もあったので、シーリングの他にパテ処理を行い表面を整えた後に塗装を行いました!

一度、今あるシーリングを剥がしプライマーと呼ばれる、接着剤のようなものを塗布していきます。シーリング材は、養生と呼ばれるテープ貼りが仕上がりを左右します。

外壁と帯は、段差がある事が多いので(外壁の上に帯が付いているイメージです)、雨が降ると、段差に雨水が滞留したりもします。
劣化がなければ時間の経過とともに乾きますがシーリングや帯の表面の塗膜が劣化しているとどうしても壁の内部に雨水が侵入しやすくなってしまいます。

パテ処理を行います。パテ処理は下地の凹凸をなくし表面を整える作業です。

パテ処理を行ったら塗装工事を行います!
帯もしっかり下地処理を行い塗装することでお家全体にメリハリがつきます!

屋根の塗装を行っていきます。

下塗り→中塗り→上塗りと塗り重ねていきます。
塗り重寝るときに大切なことはインターバルを守ることです。
インターバルとは塗り重ね乾燥時間のことで、塗料は乾燥時に余分な水分や油分を蒸発させます
インターバルを守り塗り重ねることで塗料本来の力を発揮することができるのです。

外壁の塗装を行っていきます!

白い箇所の塗装です!凹凸だってむらなくきれいに塗り重ねていきます!
インターバルもしっかり守ります。

下塗り→上塗りと塗り重ねていきます。
茶色が入ることで優しい印象になります。
インターバルと同じように大切なことは基準塗布量を守ることです。
メーカーによって定められている1㎡当たりの使用量を基準塗布量というのです。
基準塗布量を守ることで塗料本来の耐久性を発揮することができます。

シミのあった軒天も足場に登って確認した後塗装を行いました

施工後

施工前

施工後

元のお色のイメージを変えず、塗装しました。
全体的にくすみが取れ、きらきらと輝いています。
外装の塗装を行った事で、明るい雰囲気となり「玄関まわりが明るくなって嬉しい!色も丁度よくて、新築の時を思い出す」とお話して下さいました(*^_^*)☆
お施主様たくさんのご協力ありがとうございました!
無料にて外まわりの屋根・外壁の調査も承っております☆
お家の健康診断としてご活用ください!

関連記事