電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

【築何年目がいいの?】屋根・外壁塗り替えの時期と劣化の関係性について

公開日:2020年10月12日

お家の目に見える劣化なら塗り替えを考え出すきっかけになりますが、目に見えない、見えづらい劣化は、なかなか一般の方にはわかりづらいものです。そこで今回は劣化の症状ではなく、築年数でみる、塗り替え検討時期と劣化の関係性についてご説明します。

この記事をお読みになっている方は、もしかしたら色々なサイトを見て、「築10年」という文字を何度か目にしたことがあるかもしれません。多くの塗装サイトでは、塗り替えの検討時期に、この築10年を推奨しています。

 

ではなぜか?それは、新築の建売住宅の場合、外壁に使用されているサイディングや塗料の多くは約7年で劣化してくると言われています。これは塗料にはさまざまなグレードがありますが、建売の場合予算内に収めるため使用する塗料のグレードはあまり高いものでない場合が多いです。

 

そのため、比較的安価な塗料を使用しており、その塗料の平均耐久年数がおよそ7年から長くて10年となり、その時期で塗り替えが必要となるのです。

ゆえに初めての塗り替え時期を「築10年」という風に推奨されています。

築年数と劣化症状の関係性

次に平均的な築年数と劣化症状の関係性をご説明します。

 

以下の表のように築年数によって劣化症状が異なります。どうしても建物は日々紫外線や雨風にさらされているため、経年による劣化を防ぐことはできません。そのため、できるだけ早い段階にメンテナンスして、その後も予算等に合わせて数十年に1度のメンテナンスを行うと良いです。

※表はあくまで目安となります。

 

 築年数 劣化症状 症状内容
 1~2年 色あせ・変色 紫外線などによる色あせや変色
 5~6年 チョーキング現象 塗膜が劣化し粉状となって現れる
 6~7年 カビ・汚れの付着 湿気や大気中の汚れが付着する
 8~9年 ひび割れ・クラック 大小さまざまなひび・クラックが見られる
 10年前後 破損・剥がれ ひびなどから大きな破損、剥がれに

 

このように築年数が経つにつれて、劣化の症状も大きくなります。劣化が酷くなると塗装の劣化だけでなく、外壁材の破損や剥がれなどが起こり、そういった箇所の補修工事も必要となります。そうなると塗装費にプラス修繕費となるため、費用も高くなる場合もあります。

 

ですので、早めの点検と早めのメンテナンスがお得に工事を行うポイントになります。

築年数別の塗装工事費用比較

参考目安となりますが、ここでは築10年目で塗装工事を行った場合の工事費用と築25年目に工事を行った費用の比較をご紹介します。

※平均的一戸建30坪想定

 築年数

 劣化状況

 工事内容

 費用

 約10年

 色あせ・チョーキング現象

 屋根・外壁塗装工事

 約110万円

 約25年

 色あせ・チョーキング・外壁破損・大きな亀裂・シーリング劣化と亀裂・ベランダの劣化・屋根材の劣化など

 屋根・外壁塗装
 シーリング補修
 外壁補修
 ベランダ防水

 約210万円

表のように約10年の場合は、塗装工事のみで収まりますが、25年を過ぎてくると、塗装工事だけではメンテナンスしきれない症状が現れてきます。そうなると、塗装工事と同時に劣化の酷い箇所、破損している箇所、さらに防水工事まで行うことにもなる場合があります。

 

なお、10年目の塗装工事でグレードの高い塗料を選んだ場合、耐久年数は長いもので約25年のものがあります。その25年後にはグレードを少し下げたものでメンテナンスを行えば、トータルで見た時、築20年以上で工事を行うよりも費用を抑えることもできます。

 

◆費用比較例

築10年:約180万円(耐久年数25年)+築35年:110万円(平均)=計290万円
築25年:約210万円(耐久年数約10年)+築35年:110万円(平均)=320万円

差額:30万円

 

選ぶ塗料のグレードや劣化状態によって変動しますが、早めにメンテナンスを行った方が、その後の追加となる補修工事の割合が抑えられる場合もあります。早期発見・早期メンテナンスが長期的にみてお得に工事を行える方法のひとつですので、ご検討ください。

築年数に限らず、気になったら相談しましょう

いかがでしたでしょうか。築10年に塗り替えをおすすめする理由とその効果についてご理解いただけたら、幸いです。お家は建っている環境や立地によっても劣化の症状や進行の速度が変わります。

 

一概に築10年とは言えず、中には築5年でもメンテナンス工事が必要となる場合もあります。お住いの近くに海や川などがあり、潮風によって常に湿度が高い地域ですと、築数年で外壁にカビやコケが生えたり、金属系の外壁であれば、サビが発生したりします。

 

お家を長く綺麗に保つためにも、少しでも気になることがあったら、築年数に関わらずお近くの専門業者に相談してみることをおすすめします。

 

弊社アイスム塗装はさいたま市を中心に屋根・外壁専門のサービスを行っております。地域に根差し、いつでも駆けつけられるよう取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事