電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

屋上防水の定期点検はいつがベスト?手遅れ前に業者に依頼すべき理由とは?

公開日:2020年3月19日

屋上バルコニーは広く開放的で気持ちがいいですよね。太陽の下で思いっきり洗濯物を干すことができますし、BBQを楽しんだり花火が見えたり。観葉植物をたくさん置くこともできますね。しかし、雨漏りしてしまうと本当に大変です。見た目には劣化具合を判断することが難しい為、点検をしないでいると雨漏りがあって初めて気が付くことにもなりかねません。そうなってしまう前に屋上防水について知り、手遅れを防ぎましょう。

雨漏りしてからの修理となりますと、雨水の侵入経路を特定する専門的な調査が必要になります。したがって、調査→修繕→防水工事と3ステップになります。

また、なるべく早く修理を行いたいと焦って業者を決めなくてはなりませんし、工事の日程も選択の余地がなくなってしまいます。雨漏りによる壁紙剥がれなどの不具合が出ていれば、それらの修理も必要になります。

しかし、耐用年数に達する前に事前に予防工事を行っていた場合は、防水工事のみであったり、トップコートの塗り替えだけで済む場合もあります。

その差は費用面だけでなく、精神的・時間的にもとても大きくなります。

耐用年数が来る前に点検することがとても大切なことが分かりますね。

屋上防水、劣化サインをチェック

見た目だけでは劣化具合の見極めが難しい屋上防水ですが、いくつか劣化のサインがあります。

 

・表面のひび割れがみられる

・塗膜が乖離している

・防水層が浮いている

・コケや藻、草が生えている

・ドレン(屋上の隅にある排水溝のようなところ)が錆びている

これらの症状がみられたら、専門の業者に点検を依頼したほうがよいでしょう。

屋上の防水で用いられる施工方法

屋上防水の施工方法について確認しておきましょう。

ビルや集合住宅だけでなく、戸建て住宅にも屋上が増えてきています。屋上には屋根がなく、風雨や日光が直接当たります。そのため、初めから防水施工されている場所になっています。防水工事については大きく分けて3種類あります。

 

・シート防水

最も費用が抑えられ、簡単な工法です。耐久性に優れ、短期間で工事することができます。シートの種類は主に2種類、塩化ビニールとゴムです。どちらも下地が平らでなければならない点があることと、継ぎ目の接着などの扱いが難しく高い技術力が必要です。

 

・塗膜防水

防水効果のある塗料により防水層を作る工法です。屋上防水では一般的に用いられています。代表的なものとして、ウレタン防水やFRP防水があります。FRP防水はFRPマットというガラス繊維のシートを張り付ける工法です。曲線などの複雑な形状のベランダでも施工しやすいものです。また、軽いため、建物にかかる負荷が小さくなります。さらに、紫外線や雨水に強く、重歩行性という重いものが乗っても耐えられる強度を備えています。ウレタン防水はウレタン樹脂を塗り重ね、所定の厚みを持つ防水層を作る工法です。液体状の防水材を塗り重ねる工法なので、複雑な形状のベランダや、起伏のある下地でも対応することができます。また、軽量で建物への負担も少なくなっています。しかし、施工技術によって仕上がりに差が出やすいというデメリットがあります。

 

・アスファルト防水

溶解アスファルトやシート状アスファルトを用いて、防水層を作る工法です。防水材の中では一番古くから使われており、信頼度も高く、耐用年数が長いです。工法によっては、施工時に煙やアスファルト臭が発生するため、近隣への配慮が必要です。温度管理や溶け具合の管理など、専門技術や設備が必要となります。

 

それぞれの耐用年数

シート、塗膜、アスファルト、それぞれの耐用年数は次の通りです。

シート防水(ゴム・塩ビ)…耐用年数 10年~12年

ウレタン防水 …耐用年数 10年~12年

FRP防水 … 耐用年数8年~10年

アスファルト防水… 耐用年数15年~20年

劣化のサインが見られなくても

お住まいの屋上、日常的に使われている方からほとんど使用することのない方まで様々だと思います。

外壁のように、お住まいを外からみれば直ぐにその状態を確認することが出きる外壁と違って、丈夫で放っておいても大丈夫そうなイメージがある屋上。実は雨風を受け、なかなか過酷な状況で日々頑張っています。

手遅れになって大掛かりな修繕工事になる前に、定期的な点検とメンテナンスをし、安心して住み続けたいですね。

初めて業者に点検を依頼する場合、どの業者が信頼できるのか、どのように探し、選べばよいのか、どうすればいいのかと思ってしまうかもしれません。知り合いから紹介してもらったり、近隣で施工中の業者をチェックしたりと、アンテナをたてて情報を集めましょう。数社に点検を依頼し、比較検討することも方法の1つです。コミュニケーションがとりやすく、納得がいく提案をしてくれる、そんな業者を見つけられるとよいですね。

 

私たちi-sumu塗装は、住宅調査の専門家による無料点検を行っています。選択肢の1つとしてご相談いただければ幸いです。

関連記事