電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

天窓にひび割れが!トップライトの熱割れ原因と対策について

公開日:2020年7月31日
トップライト

周囲からの視線を気にすることなく光を取り入れることができる天窓。トップライトとも呼ばれ、光が届きにくい部屋の暗さを解消することができますね。手の届かない高さにあるためひび割れに気づきにくく、雨漏りをきっかけに知ったというケースがあります。知らないうちに何かぶつかったのでしょうか?熱割れという現象により割れた可能性もあります。今回は天窓に起こる熱割れの原因と対策についてお伝えします。

天窓のガラスが熱割れする原因

急激な温度変化によりガラスが割れる現象です。大きな温度変化が生じることによりガラスにひびが入ります。温度変化の差が大きくなるような状況をまとめていきます。

網入りガラス

網入りガラスとはワイヤー入りのガラスのことです。ダイヤ模様、スクエア模様に見えるようにワイヤーが入っているガラスとなります。網入りガラスは、火災などで過熱された場合にガラスが割れて飛び散るのを防ぐために設置されます。

 

ひび割れが起こる原因2種類あり、1つ目はワイヤーとガラスが熱せられたときに膨張する割合が異なるためにおこります。1本の線状のひび割れ、線状のひび割れが枝分かれしている形状が熱割れの際には見られます。温度変化が大きな真夏と真冬に生じやすくなります。

 

もう1つはサビ割れです。ガラス内部のワイヤーが雨水や結露により錆びてしまい、ガラス内部で膨張することによって小さなひび割れが生じます。小さなひび割れにより少しもろくなったところに大きな温度差が起こると、ひび割れが加速してしまいます。

影部分と直射日光部分の温度差

例えば晴れた冬の午前中。サッシ周りで影になっているガラス部分は冷たさを残しています。しかし直射日光をしっかり受けているガラス部分の温度は急激に上昇します。影の部分と直射日光を受けた部分の温度差は大きくなり、一方の膨張に他方がついていくことができずにひび割れが生じます。

熱がこもるシートをはる

ガラスの中で大きな温度変化が生まれることが熱割れの原因です。そのため、ガラスの一部にデコレーションシールを貼ると温度変化が大きくなることも。例えば黒猫の影のようなモチーフは周囲との熱の差が大きくなります。結露対策などのウィンドウシートも色や素材によっては熱の差を大きくしてしまいます。黒のように熱を吸収しやすい色よりも、ミラー調の光を反射するタイプのほうが熱がこもりにくくなります。

天窓ガラスの熱割れ対策

熱割れしやすいガラスを避けること、窓ガラスに温度差を作らないことがポイントとなります。

熱割れしやすいガラスを避ける

網入りガラスと複層ガラスは熱割れが発生しやすいと言われています。しかし防火設備として網入りガラスを選択した経緯があるかもしれません。2019年の改正で耐熱強化ガラス、耐熱結晶化ガラスなどの防火ガラスについても使用できるようになりました。網入りガラスではなく強化ガラスという選択肢があることを知っておくとよいですね。

 

一方複層ガラスは住宅の断熱性能を上げるために効果的です。しかし、直射日光が当たる外側のガラスと内側のガラスで大きな温度差が生じます。さらに高断熱複層ガラスは熱を通しにくいため熱割れリスクも高まります。

熱割れしにくいガラスを使う

耐熱強化ガラスは熱に強い性質を持つため、ガラスの中では熱割れしにくい性質です。

厚さ10mm以下の薄いガラスも熱割れしにくい性質ではありますが、天窓に使うためには強度が必要となることをおさえておきましょう。

温度差を作らない

近隣環境や家の立地や方角を変えることはできませんが、室内環境に気を付けることはできます。カーテンやブラインドをガラスに密着させない、熱を吸収しやすい黒や濃色を避ける、冷暖房が直接ガラスにあたらないようにするなど、温度差が大きくならないように配慮していきましょう。

サッシごと新しい天窓に交換する

20年前の天窓と今の天窓では、ガラスだけでなくサッシの性能も上がっています。サッシ側でガラスの膨張と収縮をうまくいなしていくことでも熱割れリスクを軽減します。断熱性能、耐候性能などに加え、熱割れについても性能向上がされている製品に交換することで対策となりますね。現在、天窓メーカーとして有力なのは日本ベルックスとLIXILです。

天窓ガラスの熱割れ対策

  • 熱割れしやすい網入りガラスや複層ガラスを避ける
  • 熱割れしにくい強化ガラスを使う
  • ガラス面の中で温度変化を作らない
  • サッシと合わせて性能向上している製品に交換する

まとめ:天窓をふさぐ決断の前に

雨漏りリスクともなり、ガラスにひびが入りやすい天窓。しかし近隣からの視線を気にすることなく自然光を得ることができるトップライトは、薄暗い部屋問題を解決するために取り入れたいところです。しかし設置することで雨漏りリスクが高まり、ひび割れが起こればなるべく早くガラス交換が必要になるというように、手と費用がかかるものでもあります。

 

一度トラブルがあると天窓をふさいでしまおうかと考えるかもしれませんが、普段から意識せずに得られていた光が届かなくなると暮らしの快適さも想像以上に変わります。おうち時間が見直されている昨今において、室内環境が豊かであることはとても大切です。天窓を塞ぐとどうなるかを実際にシュミレーションし、ふさぐ費用と取り換える費用を比較、交換後ガラスが割れても保証してもらえるサービスがあるかどうかなど細かく検討していくことをおすすめします。

 

私たちアイスム塗装(i-sumu設計)は、お住まいのリフォームや外装塗装、耐震診断を行っております。

住宅調査の専門家による無料点検も行っております。お悩みやご相談ごとなどもお気軽にお問合せください。

関連記事