電話番号 お問い合わせ
お問い合わせはこちら 電話番号

さいたま市の屋根・外壁塗装専門 i-sumu塗装

外壁塗装時のご近所トラブルを避ける方法。やるべきこと徹底解説!

公開日:

外壁塗装の際の近隣への配慮、気持ちを伝えるには何をしたらいいのか色々と迷いますね。今回はトラブルになりやすい事、その解決法をご紹介していきます。

近隣トラブルになりやすいこと

ぽつんと一軒家であれば外壁塗装をいつどのように行っても、周囲にお住いの方への配慮は必要ないかもしれません。しかしほとんどの一軒家は隣地と近いことが多く、お互いに配慮しながら暮らしています。これからもお互いにわだかまりなく暮らしていくためにも、外壁塗装の際にトラブルとなりやすいことを知っておきましょう。トラブルになりやすい事柄は次の4点です。

 

  • 騒音
  • 工事車両の出入り
  • 塗料の匂い
  • 車や植物にペンキがついてしまった

近隣トラブルを避ける方法

騒音や工事車両の出入り

塗装工事が始まるい週間ほど前に近隣に挨拶に行きましょう。

優良業者ならこれは業者さんがやってくれることなのであまり心配しなくて大丈夫!

より印象を良くするにはお施主様に同行してもらうともっとトラブル現象に繋がります。

工事車両が入る日にちや置く場所、騒音がでる足場の日や高圧洗浄の日をしっかりとご案内してもらいましょう。

あいさつ回りをしていても苦情が来ることもあるので、業者さんに十分に注意してもらう事が大切です。

塗料の匂い

環境にも自分にも近隣にも優しい塗料を。

外壁塗装は塗料に匂いが必ず発生してしまいます。塗料の強い匂いは体調を崩してしまう事です。

以前、匂いの少ないものは塗料の持ちが悪いとされていましたが、最近ではにおいが少なく、耐久性も高い塗料も増えました。

業者さんに相談し、自身にも近隣の方々にも優しい塗料選びをしましょう。

車や植物に塗料がついてしまった

養生

養生をしましょう。

塗料が跳ねてしまう事はトラブルの中でも多いです。

事前の挨拶の際に車や植物に養生シートをかけていいか確認し、養生をさせてもらいましょう。

優良業者は保険に加入しているので万が一何かあっても業者さんが対応してくれます。

契約の際の保障内容には十分に注意が必要です!

まとめ

外壁塗装は近隣の方もやるのでお互い様ですが、きちんと事前に挨拶などの配慮をして協力しあう事でトラブルは確実に少なくなります。

塗装工事はお家にとってとても大切なメンテナンスです。

いやな気持ではなく自身も近隣の方々も工事期間中、気持ちよく過ごせるように時間の確認などをする必要があります。

そしてそれらを全部お施主様がやるのは無理があり、疲れてしまいます。

結局は優良業者を選ぶという業者選びが重要なのです。

お施主様だけでなく近隣の方々にも配慮してくれる業者を選ぶとよいでしょう。

関連記事